中国に商標登録する際の注意点

商標登録の手続や効力はそれぞれの国の商標法に従います。例えば日本の商標権の効力の及ぶ範囲は日本国の領域内だけですし、中国の商標権の効力の及ぶ範囲は中国の領域内だけです。
このため中国国内でこちらの商品名やサービス名を他人に取らせないためには日本で商標登録をしているだけでは不十分で、中国で商標登録の手続を済ませておく必要があります。

中国における商標登録の注意点は大きく次の三つがあります。

(1)審査期間が長い点に注意が必要です
中国において商標登録を受けるためには中国の特許庁(商標局)に出願します。

ただし近年中国では商標登録出願件数が膨大な数に達していて、出願してから結論がでるまで審査に2年以上かかります。

中国においても日本と同じで権利者になることができるのは先に商標を使い始めた者ではなく、先に中国の特許庁に商標登録出願を行ったものです。このため先に出願した者勝ちになります。

ところが審査に時間がかかる結果、出願してから何年も経ってから他人の商標権を侵害すること等を理由に登録を拒絶される場合があります。何年も経ってから登録しようとしていた商標が使えないことが分かっても困ります。このため、中国では事前に中国国内で使用しても問題がないかどうかを事前に調べておくことが無難です。

(2)もぐり業者に注意が必要です
中国に商標登録する際に、特許庁に対して手続を行うことのできる国家資格を有する弁理士でない無資格業者が間に入っていないかどうかチェックが必要です。

場合によっては日本で無資格業者が中国への商標登録出願を募集し、中国国内の無資格業者に手続きを依頼している可能性があります。

最初に提示する手続費用が格安のためにこれらの無資格業者に誤って依頼してしまうかも知れませんが、無資格業者では法律に対する理解が不十分なため、手続に間違いが生じる危険があります。

また手続の途中で複雑な対応が必要になったときには無資格業者だけでは対応しきれなくなるため、また改めて中国の弁理士に対応を依頼することになり、手続き途中で追加費用がどんどん膨らむのが無資格業者の特徴です。

(3)香港は別手続になります
香港で商標権を得るためには中国への手続とは別に香港の特許庁に商標登録手続きを行う必要があります。

中国における無断の商標登録

近年、中国において日本の有名な商標が無断で商標登録される問題があります。
日本の感覚からすれば日本で有名なものを中国で無断で商標登録されるのはどうかと思います。

現在ほとんどの国では商標を最初に使用したものではなく、最初に特許庁に商標登録の手続を行った者に対して商標権を付与しています。日本も中国も先に特許庁に商標登録の手続をした者に対して権利を付与する制度を採用しています。

先に商標を使用した者に対して商標権を付与する制度の方が合理的と考えられますが、実務上は、例えば高値で取引されるような有名な商標については、「俺が先に使用していた。」「いや、俺の方が先だ」という方が限りなく出てくる可能性があるため、誰が正当な権利者であるのかを決定することが非常に難しくなります。

これに対し、先に特許庁に願書を提出した者に商標権を与える制度の場合には誰が権利者であるのかを容易に決定することができます。利害得失はあるのですが、日本国も中国も先に特許庁に商標登録手続きをした者に商標権を付与する先願主義を採用しています。

特許事務所への中国商標登録の相談

一般に海外の法律代理人はタイムチャージを容赦なく請求してきます。このため出願前に対象を明確にしておかないと出願途中で追加チャージ発生の原因になります。

このため中国に出願する前に特許事務所の弁理士と十分に内容を吟味してから出願することが大切です。